ニキビ ミネラルファンデーション

ニキビのときファンデーションを使っていいの?

ニキビのときはファンデーションは控えた方が良いといいます。

ファンデーションを塗るとき、ニキビに刺激を与えてしまいます。また、ファンデーションの成分やクレンジング剤がニキビ肌に影響を与えます。

けれども、まったくメイクをしないで生活できるのは一部の人ではないでしょうか。女性にとってお化粧は身だしなみです。ノーメイク不可いう職場も多いです。

ニキビだけど、お化粧をしなければならない。そんなときは、肌に刺激の少ない化粧下地+ルースタイプのミネラルァンデーションを使うといいでしょう。

ニキビのときミネラルファンデーションがおすすめ理由とは

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは下地不要のものもありますが、化粧下地があったほうがきれいに仕上がるのも事実です。

ニキビのとき化粧下地を使うなら、どんな化粧下地がいいのか。

具体的には、パウダータイプの化粧下地が良いです。クリームタイプだと肌への密着度が高いので、クレンジングが大変になります。クレンジングが大変だと、ニキビへの刺激が強くなってしまいます。

そしてファンデーション。

ルースタイプ(粉タイプ)のミネラルファンデーションなら油分も少なく、さらっとしているのでニキビへの刺激も少ないです。ルースタイプのミネラルファンデーションは大きめのブラシでファンデーションをつけます。そのとき、100円ショップのブラシですませずに、肌(ニキビ)に刺激を与えないよう、質の良いブラシを使いましょう。

ルースタイプのミネラルファンデーションであれば、クレンジング剤不要。

石鹸でファンデーションが落とせるものが多いはずです。(購入するときに必ず確認してください。)もし、どうしてもクレンジング剤を使用するのであれば、クレンジング剤は肌への刺激が強いので注意して使いましょう。

ミネラルファンデーションにも欠点がある

ニキビ肌といえば、ミネラルファンデーションといわれるくらいですが、ミネラルファンデーション(ルースタイプ)にも難点があります。

それは、カバー力が低く薄づきなことです。ニキビのある肌にはとても良いことですが、しっかりメイクしたい人は物足りないでしょう。残念ですが、今のところカバー力があってニキビに良いファンデーションは存在しません。

耳元に大き目のイヤリングつける。ルージュを華やかなものにする。スカーフをするなどしてニキビのある肌ではなく、耳元、口元、胸元に人の視線がいくよう工夫しましょう。