ニキビ 化粧品 成分

ニキビ用化粧品に配合されている成分を目的別に分類してみた!

ニキビ用化粧品と書いてあるからなんとなく使用してる。配合されている成分はよく見たことない。だってニキビ用ってなってるしニキビ肌にいいんでしょ?成分をみてもよくわからないし。

確かに成分表をみても知らない成分が並んでいてわかりにくいですね。
でも、自分のお肌につけるものですから配合されている成分についても知っておきましょう。

ここでは、わかりやすいようニキビ用化粧品に配合されている成分を目的別に4つに分類してみました。

ファンデーション

過剰な皮脂の分泌を抑える成分

脂溶性ビタミンB6、高濃度のビタミンC、酢酸トコフェロール(ビタミンE類)、カンゾウエキス、チョウジエキス、オウゴンエキス、オウバクエキスなど

ニキビを化膿させる菌が増えるのを防ぐ成分

エンデシレン酸、レゾルシン、トリクロサン、トリクロカルバン、シメン-5-オール(ビオソール、イソプルピルメチルフェノール)、ベンザルコニウムクロリド(塩化ベンザルコニウム)、ベンゼトニウムクロリド(塩化ベンゼトニウム)、グルコン酸クロルヘキシジン、クオタニウム45(感光素401号)、クオタニウム73(感光素201号)など

ニキビの炎症を抑える成分

アラントイン、イプシロン-アミノカプロン酸、グリチルリチン酸誘導体、グリチルレチン酸誘導体、アズレン、塩化リゾチーム、グアイアズレン、トラネキサム酸など

厚くなった角質を柔らかくし溶解する成分

レチノール(ビタミンA)、レチノイン酸、イオウ、サリチル酸(BHA)、AHA(グリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸)、チオキソロンなど

以上、代表的な成分をあげてみました。
あなたの使用しているニキビ用化粧品にも配合されていましたか?