ニキビ 保険

ニキビにおける「保険診療」と「自由診療」

ニキビ治療で皮膚科などの医療機関を受診するとき、金銭面でどれくら費用がかかるか気になりますよね。

医療機関でのニキビ治療は「保険診療」と「自由診療」に分けられます。

「保険診療」とはあなたが加入している「健康保険」が使える通常の治療のことです。あなたが風邪をひいて医療機関を受診すると通常はかかった金額の3割を自己負担分として支払います。それと同じです。

ニキビ治療でかかった総金額の3割を自己負担分として支払います。

ただ日本の場合、ニキビ治療において「保険診療」でカバーできる範囲は (海外と比較して)治療法やツールが少ないです。

ニキビ 診療
一方、「自由診療」とはどのようなものでしょうか。

本来の健康保険が適用される治療も含めてすべての医療費が全額自己負担になります。つまり、かかる医療費は医療機関が自由に設定できます。(もちろん医師から治療法や今後かかる費用について説明があります。)

ニキビで医療機関を受診する側も知っておいた方がいいのは、現在の日本の健康保険制度では保険診療と自由診療(保険外給付診療)が併用できないことです。

では、現在の日本のニキビ治療において「保険適応内」と「保険適応外」の治療法はどのように分けられているのでしょうか。

ニキビの治療法について

ニキビ治療における保険適応内と適応外の治療法は以下のようになっています。

ニキビ 自由診療

保険適用内

内服薬 …

抗菌薬
(ロキシスロマイシン、ファロペネム、セフロキシム、レボフロキサシン、トスフロキサシン、スパルフロキサシンなど)
漢方薬

外用薬…

クリンダマイシン
ナジフロキサシン
アダパレン(ディフェリン®)
ベンゾイルパーオキサイド(BPO)

施術方法…

面皰圧出法

保険適用外

内服薬…

イソトレチノイン(アキュテイン)
低用量ピル
メトロニダゾール(フラジール®)
ジアフェニルスルホン(レクチゾール®)

外用薬…

アゼライン酸

施術方法…

ケミカルピーリング
レーザー
光線力学的療法(PDT)
フラクショナルレーザー

ご覧いただけばわかるように、ニキビの治療法でよく思い浮かべる「レーザー治療」や「ケミカルピーリング」などは保険適応外になっています。

ニキビ後の瘢痕(ニキビ跡)は保険診療で治せないの?

ニキビ 保険適用

ニキビ後の瘢痕(ニキビ跡)の治療は保険診療では不可であり、自由診療になります。

一般の方は、ニキビの瘢痕もニキビの延長上にあり、ニキビと同じと考えがちです。そのため、保険診療の範囲でニキビが略治していても、ニキビの瘢痕が残っているのでニキビが治っていないとおっしゃる方がいます。

けれども保険診療でできる限界があるのです。もしニキビ後の瘢痕治療まで考えるのならば、現状では自由診療を選択するしかありません。

医療機関を受診したら、あなたのニキビの症状は医師からみてどうなのか?

「保険診療」のみで治せるのか?「自由診療」を視野に入れて検討するのか?はじめから「自由診療」でいくのか?費用はいくら位になるのか?など詳細に話し合って、納得してからはじめる必要があります。

あなたに一番あった治療を選択していただきたいと思います。