30代女性

30代女性なのにニキビ!どうして?その原因とは

10代や若さの代名詞だったニキビ…なのに、おかしい。

30代に入ったのにニキビができるなんて…。

ひと昔前は30代に入ればニキビは自然と治ると思われていました。けれども、現在では30代を過ぎていきなりニキビができるようになった人がいます。

では、30代に入ってからのニキビの原因は何でしょうか。20代と共通の原因もありますが、30代ではニキビの原因が異なります。

20代ニキビの原因はこちら

えっ!わたし脂性肌じゃなく乾燥肌だったの!

年齢による肌の皮脂量と水分量の変化

上のグラフをご覧ください。

人によって個人差はあるものの、20代までは肌の皮脂量と水分量のバランスも良いうえ水分量が十分あり、お肌の乾燥は気になりません。

ところが、30代に入るとお肌の水分量がかなり減ってきます。そのため肌の乾燥を防ごうと皮脂量が増えます。すると毛穴に皮脂が詰まってニキビになります。

「私は脂性肌だと思っていたけれど、実は隠れ乾燥肌だった!」と気づくのもこの頃です。

30代のニキビを改善するためには適度に皮脂を取り除きつつ、お肌に十分な水分を与え保湿しなければなりません。30代におけるお肌のターンオーバーは約40日。20代の28日と比較して長くなります。ですから一度ニキビになると治るまでに時間がかかります。

また30代の肌は皮脂量と水分量の変化が激しく、女性ホルモンのバランスに変化が現れるため、ニキビだけでなくお肌のトラブルが多い時期になります。

30代はニキビのためにも乾燥肌のためにも、お肌の保湿が重要になってきます。